忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
肺がんの食事療法|メディカルイーティングとは?
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がん克服



井上俊彦先生のメディカル・イーティングは数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版です。

癌が改善しなければ全額返金です。


西洋医学の治療以外は選びにくいという人も中にはいるかもしれません。

しかし、
西洋医学には、治せるガンと治せないガンがあるという現実をしっかりと見つめ、勇気を持って最善の可能性にチャレンジしていただきたいと思います。

苦しみや副作用の多い抗ガン剤等の治療を受けることなくガンを完治させたいと願っている患者さんはたくさんいらっしゃいます。

この食事療法を続けてみてください。 回復の兆しが訪れるまで、早ければ2週間、平均で3ヶ月。といわれています。


井上俊彦先生のメディカル・イーティングは数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版です。

癌が改善しなければ全額返金です。


西洋医学の治療以外は選びにくいという人も中にはいるかもしれません。

しかし、
西洋医学には、治せるガンと治せないガンがあるという現実をしっかりと見つめ、勇気を持って最善の可能性にチャレンジしていただきたいと思います。

苦しみや副作用の多い抗ガン剤等の治療を受けることなくガンを完治させたいと願っている患者さんはたくさんいらっしゃいます。

この食事療法を続けてみてください。 回復の兆しが訪れるまで、早ければ2週間、平均で3ヶ月。といわれています。



メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>

【メディカル・イーティングに寄せられた感想を紹介】


51歳の夏のことなので、今から9年前のことになります。
自分でも何か変だなと気づいていたのですが、
ある日を境に目がだんだん見えなくなるようになりました。
仕事で毎日のように車を運転していましたので、
困って病院へ行ったら、思いもよらない悪性脳腫瘍(ガン)との診断・・・
ショックでした・・・。


人様から気丈といわていた私も“死の恐怖”に心底怯え、人前で泣き出す始末。
ところが通院を始めて間もない頃、ある知人から食事療法の先生がいると聞き、
ガン治療に役立てばと思い井上先生の元を訪ねることになったのです。
先生は食事について色々わかりやすく説明してくださいましたが、
その時は食事だけでガンが治るとは思えない気持ちも半分くらいありました。


しかし、この食事でガンが治った人が何人もいると聞き、
その日から先生に教えられた通り、食事を大幅に改善。
驚くことに数ヶ月経った2000年12月にはすっかり回復したのです。
病状が好転していることは自分でも感じとっていたのですが、
まさか治癒するなんて・・・信じられませんでした。


それから4年後の2004年、
こんどは私の主人が胃ガンの告知を受けたのですが、
主人も井上先生の食事療法を実践し治癒いたしました。
これからも再発しないように、
夫婦共々、食事に気をつけながら健康な日々を過ごしています。
先生もお忙しいと存じますが、どうぞお体をご自愛くださいませ。



メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>


「手術しましょう。結果によっては放射線治療が必要です」と病院の担当医。
母親が乳ガンと診断され、このように言われたとき
あまりにも受け入れがたい現実にその場に立ちつくす私・・・。


担当医の言うまま治療しても治るという保証はどこにもないし、
副作用が大変なことも聞いていたので悲しくて泣きたい気持ちになりました。
しばらく何も出来ずにいましたが、伯父の知人から食事療法の話を聞き、
私も『副作用がないなら、やってみる価値はあるよ』と母に勧め、
母も『これで治す』と決意。


食事療法のことを病院側に伝えるか伝えないかという話も含め、
家族会議をひらき“手術は受ける”“病院とのやり取りは穏便にする”
“食事療法を併用していく”ことをみんなで確認し合いました。


手術が終わり、医師から「結果は決して安心できるものではありません」
「やはり場合によっては放射線になります」と言われ、
家族全員がガッカリして、もう食事療法に賭けるしかないと思い、
食材・食事のすべてを切り替え、毎日3食作り実行しました。


その甲斐あって母は6ヶ月間におよぶ抗ガン剤投与にも何とか耐えることができ、
たった1年で軽い運動もできるほど元気になったのです。
その間、私も母に付きあってまったく同じ食事をしていました。
最初は食べたいものを我慢し続けるのは大変な忍耐が必要なのでは
と思いましたが、ある程度の期間が過ぎると食べないのが当たり前
という気持ちになり、母も私も少しの違和感や苦労感なく続けられました。


井上先生にはことあるたびに励まされ、何度もアドバイスいただき、
心より感謝しております。ますますのご活躍をお祈りしております。



メディカル・イーティングの詳細はここをクリック>>

子宮頸がんの食事39
がんの食事療法22
がんの食事療法86
PR
忍者ブログ[PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.